トップ  »  ご利用できるサービス  »  医療型障害児入所施設/療養介護

医療型障害児入所施設/療養介護事業所

主として肢体不自由児・重症心身障害児者が入園(入所・入院)する医療型障害児入所施設(18歳未満利用児)ならびに療養介護事業所(18歳以上利用者)です。本園に入園(入所・入院)するには、県(児童相談所)や市町村ならびに当園にて医学的・心理学的検査等の結果を総合判定して、施設の利用が決定され、利用決定の出た方と施設との利用契約に基いて施設をご利用(入園)できます。(他に児童福祉法による措置入所の方も入園しています。)
入所定員は、116名(若草病棟(医療型障害児入所施設・療養介護事業所、旧肢体不自由児施設)50床、そよ風病棟(医療型障害児入所施設・療養介護事業所、旧重症心身障害児施設)50床、管理・診療棟2階あおぞら病棟(医療型障害児入所施設・療養介護事業所、旧重症心身障害児施設)16床)となっており、入園療育・療養として治療(小児科・整形外科・児童精神科・小児外科)及び理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が行う疾患別リハビリテーションならびに看護・生活援助(介護)・保育等を行っています。また、学齢児である入園者は教育委員会を通じて、隣接の県立二葉特別支援学校と県立二葉高等特別支援学校にて教育を受けることができます。
また、空き病床を利用した福祉利用の障害児者が短期入所中に入院治療が必要となった場合は、福祉利用を中止して、一般入院(保険入院)に一時的に切り替える場合があります。一般入院(保険入院)は一時的な治療目的の医療入院で、ご利用にあたっては当園の医師の判断に基づき決定されます。

詳細はお問い合わせ下さい。専門のスタッフがご対応いたします。

お問い合わせ先

地域療育連携室 MSW(相談員) 樺澤/天野/金井恵
電話:027-372-3622